【低学年】志茂大会 vs王五新星フェニックス

1回裏の攻撃。
ナオキがファーボール、ミツルが振り逃げ、
ユウキがファーボール、タイキが相手エラーで出塁。
それぞれ生還し4点を先制。
4-0。

2回裏。
ケントがデッドボール、ナオキ、ヒョウゴが相手エラー、
ミツルがデッドボールで出塁。
それぞれ生還し4点を追加。
ノーヒットながら序盤で大量点を奪います。
8-0。

先発ユウキは1回、2回をそれぞれ3人で終わらせる良い立ち上がりでしたが、
3回からは雨が降り始め、制球に苦しみ始めます。

しかし、3回にはセンター前に落ちた打球をミツルがナイスバックホーム。
キャッチャーシュンもナイスブロックで、タッチアウト。

5回には同じくミツルが、レフトオーバーの打球をすかさずカバーに入り、
ショートナオキを中継して3塁でランナーを刺しました。

結局、8-1で勝利し、ベスト8です。

王五さんのビッチャーの球が速く、高めのボール球に手を出して三振するケースが
たくさんありました。

これからはもっと厳しい試合が続きます。

気合いを入れて頑張ろう。

目指せ優勝!



2010.9.23 荒川少年B面
王五 0|0|0|1|0| 1
BT 4|4|0|0|×| 8

             :森久保

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック