【高学年】ジャビットカップ予選1回戦 vsブルースカイズ

北区大会、滝野川大会に優勝している強豪を相手に、やってくれました!


1回の表の攻撃が三者凡退となってしまい、その裏の守備。
内野エラー、ヒットで2失点。0-2。

またいつものパターンかとの思いが脳裏をよぎりましたが、今日は違いました。

2回裏の守備。
2者連続で安打を与え、ノーアウト1、2塁のピンチを迎えますが、
先発ユウヤが三振、ピッチャーゴロ、セカンドゴロに抑え、無失点で切り抜けます。

これでいやな流れが変わりました。

続く3回表の攻撃。
主将リュウケンが意地を見せ、ファーボールで出塁。
ここでナオキが左中間を破るツーベースヒットで1点を返します。1-2。

4回表。
先頭ランが左中間を破るスリーベースヒット。
ユウキ、ミツルがファーボールで出塁し、カズキが相手エラーを誘いランが生還。2-2。
ここでまたしてもナオキがセンター前に適時打を打ち逆転です。4-2。

6回表。
ヒョウゴ、リュウケンが四死球で出塁。
ここで、ユウヤがツーベースヒット。
続くランがセンターオーバーの待望のホームラン。
だめ押し点を奪い、8-2。

守っては3回から6回までの4イニング連続で三者凡退に抑えます。

最終回の守備は、土砂降りとなって気温が下がる最悪のコンディションの中、
控えの選手も含めみんなが大きな声を出しながら、何とか切り抜けることができました。


エースユウヤが投打にわたり大活躍し(最終回を除けば無四死球)、主砲ランが3安打し(単打、3塁打、ホームラン)、
主将リュウケンも大飛球を2つ捕球するなど、6年生が貫禄を見せてくれました。

頼りになる6年生に成長してくれました!

5年生も、ナオキが2安打、ライトミツルが2回もライトゴロに仕留め、
サードヒョウゴも難しいゴロをさばきバックホームしてアウトにし、
キャッチャーユウキも盗塁を刺してくれるなど、活躍してくれました。


みんな!試合に勝つ喜びをわかってくれたかな?
野球って楽しいだろう?
この喜びをこれからもたくさん味わうために、一生懸命練習に励もうね。
(ついでだけど、試合に負けてしまったときは、悔しがるようにね。)

この勢いで勝ち進み、東京ドームで試合(全国大会決勝)をしよう!


2011.5.21 荒川グラウンドB面
BT  0|0|1|3|0|4|0| 8
ブルー 2|0|0|0|0|0|1| 3

             :森久保

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック