【高学年】浮間大会 vs.豊島クラブ戦

北区大会のリベンジをと意気込んだ豊島クラブ戦ですが。

初回オモテ。四球で出塁したナオキが、盗塁とパスボールで先制します。そのウラ、先頭打者をエラーで出しますが、内野フライに飛び出しダブルプレーでピンチを切り抜けたつもりでしたが、3番打者、4番打者に連続ヒット、エラーも絡んでこの回に3失点で逆転を許します。1-3。

その後は、投手戦でお互い得点できず進行しますが、5回のウラ、やはり4番打者がヒットで出塁されます。一死後、キャッチャーの野選とヒット、セカンドへのけん制エラーなどで2点の追加点を許します。

最終回に意地を見せて2死満塁としますが、その刹那、一塁けん制アウトで試合終了です。

この試合、豊島クラブさんは、全員が打席では集中力を持続させたまましっかりと振り抜くスイングです。中途半端なスイングがありません。三振はゼロ!
ピッチャーも緩急と入れたピッチングにマウンドさばきも慣れたものです。このあたりはただの練習では身につきません。実戦を経験する中でしか身に付かないものです。

これで公式戦5連敗。このトンネルを早く抜け出させないと。

子どもたちは、頑張っています。何かが足りないまま最後の大会であるジュニア大会に臨むことが気がかりです。

2011.11.03
BT     |1|0|0|0|0|0|0|1
豊島クラブ | 3|0|0|0|2|0|×|5

文責:河井

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック