【高学年】ジャビットカップ準決勝 vs滝野川中央クラブ

ヒョウゴセンター前ヒット、イッキレフト線2ベースヒット、
シュン内野安打などで、1回から4回まで毎回ランナーを
3塁まで進めますが、もう一本が出ず、4回が終わって0-0のまま。

5回の表の守備、魔物が待っていました。
4つのエラーが連鎖し、よもやの5失点。

しかし、しぶとく追い上げます。
5回裏。
ナオキレフト前ヒット、ヒョウゴ内野安打、イッキレフト前ヒット、
相手エラーも絡み、3得点。3-5。

1失点の後の6回裏。
セナの絶妙なセーフティーバント、ナオキサード強襲ヒット、イッキセンター前ヒットで
3得点。6-6の同点に。

このまま7回が終了し、抽選へ。

結果、残念ながら敗北となってしまいました。

抽選での運の弱さを嘆くのではなく、
失点をあと1点でも防ぐことはできなかったのか、
あと1点得点することができなかったのかを
よく反省し、次に活かしてほしいです。

終盤の大事な場面で、今まで見せたことがなかったほどの
真剣な表情をしていた選手がいたことは大きな収穫です。



2012.5.13 荒川少年B面
滝野川 0|0|0|0|5|1|0| |6
BT  0|0|0|0|3|3|0| |6

             :森久保

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック