【高学年】都知事杯予選3回戦 vs西浮間イーグルス

大勝した後の3回戦の相手は、西浮間イーグルスさんです。

初回、先攻の攻撃。
7球で終了です。もう少し球筋の見極めをするなりして、
3者凡退でも意味のあるものにして欲しかったです。
そのウラ、イッキが四球とエラーなどでワンナウト2、3塁のピンチ。
4番を三振、5番をファーストへのファールフライで抑えます。

2回、タイキがヒット、カズキが四球、2アウト1,2塁のチャンスで三上がライト前ヒット!?
残念、ライトゴロで得点ならず。当たりが良すぎました。惜しい!

3回、ヒットで出塁したハナワが、スチールで2進しますが、その直後にけん制アウト!
ナオキがヒットで出塁、イッキがスリーベースヒットで1点先取です。
が、そのウラに連続四球のあとにヒットを打たれ、2点献上で逆転されます。

4回ツーベースヒットで出塁したランナーを3進された後、1塁けん制の間にホームスチールされて2点差です。
緩慢なプレーのスキをつかれた形で無駄な得点を与えます。このプレーが問題です。

5回にタイキが名誉挽回のツーベースを放ちますが、後が続かずで残念な敗戦です。

イーグルスさんの子どもたちは、
人数もギリギリの中、バッテリーの2人を中心に集中力を持続したプレーは見習いたいところです。
4回のホームスチールは、ベンチの指示ではないはず。
スキあらば、いつでも進塁する気持ち、相手の弱点を突く思考と判断力=野球頭を持っています。

ただ打つ、走る、守るだけの思考では、簡単には勝てません。

ブラックタイガース|0|0|1|0|0|2|3
西浮間イーグルス|0|0|2|1|1|X|4

                          文責:;河井

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック