【低学年】浮間リーグ vs光が丘コメッツ

1回表の守備。
先発ナオキが立ち上がりに制球が定まらず、
ファーボールを連続で出してしまい得点を与えてしまいます。
0-3。

1回裏の攻撃。
すかさず反撃に出ます。
ナオキ内野安打、シュンファーボール、ヒョウゴ内野安打でナオキが生還。
続くミツルがライト前ヒットで2得点。
タイキもセンター前ヒットで続き合計5得点であっさり逆転です。
5-3。

2回裏。
ファーボールで出塁したナオキが3塁まで盗塁で進塁し、
シュンの内野安打の間に生還。
6-3。

3回裏。
ファーボールでカズキが出塁。
2盗した後、公式戦初出場の1年生ショウイチロウが
ピッチャーゴロできっちりとカズキを3塁まで進めます。
それが相手のパスボールを誘い、カズキが生還。
ショウイチロウ、しっかり仕事をしたね。
7-3。

ナオキは1回以降立ち直り、終わってみれば9つのアウトのうち7奪三振。

今日は牽制で刺されたり、フライなのに飛び出してダブルプレーとなるなど、
走塁面でのエラーが目立ってしまいました。


2010.9.18 浮間グラウンドB面
コメッツ 3|0|0| 3
BT 5|1|1| 7

             :森久保

【高学年】浮間リーグ vs戸二小ジャガース

二ヶ月ぶりにブラックタイガースとして試合をしました。
ユニフォームも新しくして。

1回表、リョウはエラーで出塁、盗塁の牽制が外野までころがる間に一気にホームまで。
タイヨウは4ボールで、ハルはエラーで出塁、ユウダイは左中間へのヒットでランナー二人を還します。
タイガは外野フライのエラーで一人を還します。
イツキは4ボールで、コウタはファーストゴロの間にランナーを還します。
ランはショートゴロを打ちますが進塁打にはならず。
ユウヤはライナーのいい当たりですがピッチャー正面。
この回エラーが多いのもあり、5得点。

その裏、2番打者をエラーで出しますが、ユウダイが二盗を刺します。
さすがユウダイ、お見事。
この回三人で終わらせます。

2回は1アウト1,3塁でヒットエンドランのサインでユウダイがピッチャーフライを打ち上げ、
ランナーが戻れずダブルプレイでチェンジ。

その裏、ランナーを出しましたが、二人を三振に取りチェンジ。

3回表、タイガがエラーで出塁、牽制が暴投、そしてワイルドピッチで三塁に進みます。
次のイツキがセンターへの犠牲フライでタイガが還ります。

その裏、1アウトからランナーを出します。次のバッターがピッチャーゴロで1-6-3とボールを廻し
ダブルプレー。  
オォー!かっこいー。

4回はリョウの暴走もあり、三人でチェンジ。

その裏、4人でチェンジ。

5回最終回、2アウト満塁のチャンス。
ランがセカンドフライを打ち上げてしまい三者残塁。

その裏、三人目のバッターを三振に取りゲームセット。

今日はタイガが打者18人に対して7つの三振を取る良いピッチングでした。
守備も良かったと思います。
打つ方は、三振が一人もいませんでしたが、良い当たりも少なかったです。


2010.9.18 
ブラックタイガース 5|0|1|0|0| 6
戸二小ジャガース 0|0|0|0|0| 0

                              :山崎

2010夏合宿風景の写真

8月27日~29日で行われました夏合宿の写真をセレクトアップしました。
場所:千葉県蓮沼
宿泊地:小川荘
撮影:坂本コーチ

公式戦仕様のグラウンドでの練習、残飯禁止の夕食風景、花火大会にMコーチのスリッパ怪人襲来風景などピックアップしています。

以下にアクセスいただきお気に入りの写真をDLLしてください。
なお、全部が見たい方は、河井コーチまでご連絡ください。

http://a03-b03.mypicturetown.com:80/P2PwebCmdController/share.jsp?cid=jaJPSEMTRC&x=mwh0filn6iv3XM%25o3wG3tvll-%2ADeJ80gf%2666FB1NcJghHVqca6vTDYqkrMdbxKGZxz3nODO_9oltt%26CYVmNJL%25GLPAxpkNgEP.%25gYwY-W8BL%3DPa

【低学年】赤羽大会2回戦 vsブルースカイズ

2回戦目は対ブルーです。
炎天下で、逆転の連続の凄まじい死闘を繰り広げました。

1回表の守備。
先発ユウキがデッドボールを与え、
レフト線ラインギリギリを抜けるホームランを打たれてしまい、
2点の先制点を与えてしまいます。0-2。

1回裏の攻撃。
ナオキが相手ライトのエラーを誘い出塁。
ヒョウゴのサードゴロ敵失の間に、ナオキが生還。
ヒョウゴは盗塁と送球ミスの間に生還。
あっさりと同点に追いつきます。
ミツルはセンターに飛ばし、出塁。
ユウキはショートゴロでフィルダースチョイス。
ここでタイキがセンター前ヒット、2人が還って逆転です。
4-2。

2回表。
相手に3ベースヒットを2本打たれるなどして3失点。
4-5。

2回裏。
ナオキセンター前ヒット、ヒョウゴファーボール、シュンデッドボールで満塁。
ここでユウキがセンター前ヒットで、2人が還ります。
6-5。

3回表。
ファーボールと2本のヒットで2失点。
なおも1アウトで2塁にランナーを背負ったところで、
フライがライトへ。
ケントがナイスキャッチし、ランナーが飛び出していたのでダブルプレー。
後続を断つことができました。
6-7。

3回裏。
ケントがデッドボールで出塁。パスボールなどで3塁まで進み、
ナオキの内野安打の間に生還。
続くヒョウゴが、レフトオーバーの逆転2ランホームラン。
ヒョウゴ、やっぱり頼りになるよ!
9-7。

試合開始から1時間10分を経過すると新しい回には入らないのですが、
この段階であと2分余っていたので、4回に入ってしまいます。

4回表。
内野エラーで先頭打者が出塁。
次の打者の時、レフトへ大きな打球が飛んでいきます。
頭を越されたか、と思ったところでリオナが押さえてくれます。
リオナ、本当に助かったよ。
しかし、プレッシャーからか内野が浮き足立ってしまいます。
振り逃げした打者を1塁でアウトにすることができなかったり、
内野ゴロをファーストに暴投したり・・・。
最後はミツルがセンターフライを押さえてくれてチェンジとなりますが、
痛い2失点で、同点になってしまいます。
9-9。

4回裏。
1アウトからタイキが右中間を破る3ベースヒット。
さよならのチャンスです。
が、後続が続かず、無得点で延長サドンデスへ。

5回表。
1アウト満塁の状態から始められます。
先頭打者をサードゴロ、本塁ホースアウトで2アウト。
しかし、次のバッターにヒットを打たれ2失点。
9-11。

5回裏。
同じく1アウト満塁のところから、リオナがライト前ヒット。
と思ったところで、1塁ランナーに打球が当たってしまい、痛恨の守備妨害でアウトに。
結局、そのままゲームセットで残念ながら負けてしまいました。



6度も逆転を繰り返す接戦を制することはできませんでした。

緊張してしまうのは当然ですが、最後は、その状態でいかに
実力を出せるかの勝負。

勝負どころでは声が全く出なくなってしまいました。
辛いときこそ大きな声を出せる精神力を身につけなければ、
上位に勝ち進むことはできません。

今日は、緊張感のある試合を経験することができました。
この経験は間違いなく次につながるはずです。

これで志茂大会に専念することができるようになりました。
今日の悔しさを志茂大会にぶつけよう。


ホームラン賞:ヒョウゴ
優秀選手賞:リオナ


2010.9.12 自然観察公園B面
ブルー 2|3|2|2|2| 11
BT 4|2|3|0|0| 9

             :森久保

【低学年】志茂大会1回戦 vs八幡ニュースターズ

相手は春のこの大会の準優勝チームです。
夏に猛暑の中、一生懸命に練習した成果を
見せたいところです。

1回裏の攻撃。
ナオキがラッキーな内野安打、ヒョウゴが相手野選、
ここでシュンがレフト前ヒット、2点を先制です。
ミツルもファーボールで出塁し、パスボールなどで生還。
合わせて4点を奪います。
4-0。

2回表の守備。
1アウト1、3塁のピンチで、ピッチャーゴロ。
1-3-2のダブルプレーです。
昨日に続き、連係プレーがうまくいきました。

3回表の守備。
前の回の攻撃が三者凡退だったので、少し流れが悪くなっていましたが、
またしても好プレーで流れを呼び戻してくれました。
2アウト2、3塁のピンチで、センターにフライがあがります。
ここでミツルがしっかりと正面に入ってグローブと体を使ってキャッチ。
後ろにそらすことのできない外野手としての“責任感”を見ることができました。

3回裏の攻撃。
ユウキがショートの頭を越えるヒット。
カズキの打球が相手エラーを誘い、ユウキがホームイン。
5-0。

4回裏の攻撃。
振り逃げ、ファーボールで出塁したナオキ、シュンが
本塁生還して貴重な追加点。7-0。

5回裏の守備。
ランナーを3塁に進めるも、サードゴロをヒョウゴが
落ち着いてバックホームでタッチアウト。

ユウキは、バックに支えられて完封です。


赤羽大会に続いて幸先の良い秋のスタートを切ることができました。

2回戦以降も自信を持って試合に臨もう。



2010.9.5 荒川少年グラウンドB面
八幡 0|0|0|0|0| 0
BT 4|0|1|2|×| 7

             :森久保

【低学年】赤羽秋季大会 vs.マッハブレーブス

合宿後の初戦です。 その成果はいかに?

9月というのに相変わらずの猛暑の中、試合時間は酷暑の13:30にプレーボール。

初回、ユウキが先頭バッターをストレートの四球で出し、内野のエラーと野選で2点献上。
しかし、その後は4番を三振にして踏ん張ります。
ランナーはセンカンド。
相手5番の打球をケントが、ライトゴロに仕留めます。セカンドランナーが本塁突入を目指しますが、
ファーストに抜擢したタイキが本塁送球。タッチアウト! ダブルプレーです。
この連係プレーができれば、大丈夫。これが練習の成果ですね。ありがとう。

初回裏の攻撃は、ナオキが四球を選び二盗、三盗。ヒョウゴの内野ゴロで1点返上。
4番ミツルがセンター前ヒットで同点。ユウキがライト前ヒットで逆転します。

2回はユウキがテンポ良く投げ、内野ゴロとファーストライナーなどで8球で終了。
裏の攻撃は、カズキが二遊間をきれいに抜けるヒットで出塁。ケント、リオナが連続で四球を選んで
満塁にして先頭打者につなげます。8番、9番の二人がこのように仕事をしてくれると助かります。ありがとう。
この回は、それでも2点しか追加することができませんでしたが、みんなしっかりと振ってくれました。

3回、4回と相手の攻撃をユウキと内野が3人ずつで仕留めてくれました。いいぞ!

3回裏、ワンアウト後、カズキが三塁線ギリギリに内野安打で出塁。
ケントが粘って四球。リオナもエラーながら出塁します。
下位打線が全打席出塁してくれました。この回は、ミツルの本塁タッチアウトの三塁打もあって5点ゲットです。

そして4回、この日のラッキーボーイ・タイキがセンターへのヒット&エラーでホームインしてゲームセット。

秋の初戦を勝利することができました。

暑い中、わざわざ応援に来てくださったお母さんたちに良い試合を見せることができました。
いっぱい褒めてあげてくださいね。

ファインプレー賞:タイキ
優秀選手賞:タイキ

2010.9.4 赤羽自然観察公園B面
マッハ  |2|0|0|0|2
ブラック |3|2|5|1X|11

文責 河井

6年生の試合結果

西浮間イーグルスのメンバーとして活動している6年生3人は
8月15日から始まった 荒川クリエーション杯に出場して、
足立区・東綾瀬エンジェルス、
墨田区・立二ドルフィンズ、
江戸川区・松島ファルコンズ、
葛飾区・幸田連合
のチームを相手に勝ち進み、決勝戦に進みました。

決勝戦の相手は、江戸川区の選抜チーム オール篠崎でした。
中学生のような体格の選手が集まったチームです。

結果はコールド負けでしたが、それでも準優勝。
すばらしい活躍でした。

5試合のブラックの三人の活躍は見ていてとても頼もしかったです。
タイガの速球でバッターを打ち取る。が、
コントロールが定まらないのが、玉に瑕。
ユウダイの肩の良さでいくつもの二盗を阻止したのは、
気持ち良かった!
リョウの足を生かした走塁と、ホームランを打った。
など、皆すごく楽しそうに頑張っていました。

西浮間イーグルスの皆さんには大変感謝しています。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

                              山崎

夏期合宿の案内

夏期合宿の案内をアップしましたので、ダウンロードしてからプリントアウトをお願いします。
プリントが必要な方は、河井コーチまで申し出て下さい。

締め切りは、8月21日です。

よろしくお願いします。

平成22年度ブラックタイガース夏期合宿のお知らせ
画像

申込書
画像

【低学年】教育委員会大会1回戦 vs西浮間イーグルス

春の最後の大会です。

1回表の攻撃。
先頭ナオキがヒットで出塁。
盗塁などで3塁に進んだところで、
2番シュンがライト線にタイムリーヒットで先制。
シュンも生還して2-0。

1回裏。
先頭打者にスリーベースを打たれてしまいますが、
次の打者がショートゴロで、本塁タッチアウト。
その後、ヒットを打たれ1点を返されます。
2-1。

3回表。
ナオキがレフトにツーベースヒット。
シュンがセンターオーバーの連続ヒットで3-1。
2人は共に2安打と当たっていました。

3回裏。
ファーボール、ヒットなどで5失点。
3-6と逆転されてしまいます。

4回表。
タイキがファーボール、カズキがセンター前ヒットでチャンスを広げ、
ノゾミの内野ゴロの間にタイキが生還。4-6。

4回裏にも1点を奪われ、4-7でゲームセット。


悔しい負け方でした。
この夏はしっかり練習して秋にはきちんと結果を出してやろう。
秋は、やる気のある選手をどんどん試合に出てもらうので、
レギュラー陣もしっかり頑張ろう。



2010.7.17 荒川グラウンドA面
BT  2|0|1|1|0| |4
西浮間 1|0|5|1|×||7

             :森久保

【低学年】浮間リーグ vs喜沢ウィングス

1回表の攻撃。
先頭ナオキがレフト前ヒット。
ヒョウゴがセンターオーバーのヒットで
1点を先制。1-0。

1回の裏の守備。
先発ユウキの制球が定まらず、ファーボールを
たくさん出してしまいますが、キャッチャーシュンの
三盗封殺などで2失点に抑えます。1-2。

2回表。
ノゾミが相手エラー、盗塁、盗塁、パスボールで
生還するなどして2得点で逆転。3-2。

2回裏。
ファーボールを出すも、またしてもシュンの三盗封殺などで
無失点。
シュン、この調子だ。


3回表。
シュン、ヒョウゴが連続ヒットで2得点。
5-2。

1点を返された5回表。
ナオキ、シュン、ヒョウゴが3連続ヒット。
そして4番ミツルが左中間を破るホームラン。
見事な4連打です。
9-3。

誰もが勝利を確信した5回裏。
やっぱりユウキの制球が定まりません。
連続ファーボールなどで、9-6。
なおも満塁のピンチで、高めのポール球をレフトに持って行かれ、
ホームランで9-10。
まさかの逆転負けです。


結果的に負けてしまいましたが、
最近は打って得点することができています。
この敗戦は気にすることなく、教育委員会大会をがんばろう。



2010.7.10 浮間グラウンドA面
BT 1|2|2|0|4| |9
喜沢 2|0|0|1|7×||10×

             :森久保

【高学年】浮間リーグ vs高島平セブンスターズ

2回表の守備。
先発タイガが、2連続三振の後、
3連続ファーボールで満塁のピンチ。
次のバッターを三振に仕留めて無失点で切り抜けますが、
しっかりしてくれよ。

3回裏の攻撃。
2アウトランナーなしから猛攻です。
デッドボール、ファーボール、エラーなどで2点を先制し、
タイガがレフト前ヒット。
続くラン、助っ人藤田君が内野安打で6-0。

4回表。
ファーボール、フィルダースチョイスなどで2失点。
6-2。

4回裏。
リュウケンファーボール、リョウレフト前ヒットなどで2得点。
8-2。

最終回は、リョウが締めてゲームセット。




2010.7.10 浮間グラウンドA面
セブン 0|0|0|2|0||2
BT 0|0|6|2|×||8

             :森久保

【高学年】志茂大会 vs城北メッツ

1回ピッチャータイガ。
メッツに3連続ヒットを打たれ3点をとられます。が、
キャッチャーユウダイの2塁盗塁を刺すいいプレーがありました。
ユウダイの肩はいいねー!
その裏、三者凡退。

2回、エラー、フォアボール、デッドボールでノーアウト満塁のピンチを迎えますが、
なんとか1点に抑えます。
その裏、三者三振。

3回、エラーは無かったのですが、4点をとられました。
その裏、リュウケンがフォアボール、途中交代のナオキがライトゴロエラーで出塁。
リョウがサードゴロエラーの間にリュウケンが生還。
ユウヤのセカンドゴロでホームを狙ったナオキがタッチアウト。
ユウダイのサード内野安打でリョウがホームイン。
続くタイガが三振で二者残塁。

4回ピッチャーリョウに代わり、1点をとられます。
その裏も三者凡退で、9×2のコールド負けでした。

守備において、この打球は自分が捕らなければ、と思ってボールを追いかけよう。
誰かが捕ってくれるだろう、俺には無理などと思っていては、上手くはなれないよ。


2010.7.3 荒川少年A
城北メッツ      3|1|4|1| 9
ブラックタイガース  0|0|2|0| 2

                             :山崎    

【低学年】浮間リーグ vs西浮間イーグルス

相手は、前日に浮間大会で優勝を決めたチーム。
胸を借りる気持ちで思い切ってぶつかってみよう。

1回表の攻撃。
先頭ナオキがレフト前ヒットで出塁。
盗塁、盗塁で3塁まで進んだところで、
ユウキがセンター前ヒット。
1-0と先制です。

その裏。
先発ナオキが、4球でツーアウトを取るも、
足のけがの影響があってか制球が定まりません。
急遽ユウキに交代しますが、結局4失点。
1-4。

2回、3回にも、エラー、ヒットなどで
失点を重ね、1-8。

攻撃も2回以降は三者凡退でいいところなし。



まだまだ練習が必要だね。
教育委員会大会に向けてしっかり練習しよう。



2010.7.4 浮間グラウンドA面
BT  1|0|0|0||1
西浮間 4|3|1|0||8

             :森久保

【低学年】浮間大会3位決定戦 vsリトルベアーズ

2回まで、お互いランナーを出しながらも
得点ができず、緊張感のある展開が続きます。

3回表の守備。
先発ユウキがファーボールを出してしまい、
盗塁とエラーで先制点を与えてしまいます。
0-1。

その裏の3回裏。
相手エラー、ファーボールで満塁となったところで、
ミツルが4番の仕事をしてくれました。
左中間への2ベースヒットで、一気に逆転です。
続くユウキもセンター前にタイムリーヒット。
4-1。

4回の表に2点を与えてしまったその裏。
ファーボールで出塁したケントが盗塁などの後、
ナオキの内野安打の間に生還。
ファーボールなどで出塁したシュン、ヒョウゴも
足で稼ぎ生還。
7-3。

最終回を0点で抑えゲームセット。

見事3位入賞です。

この大会期間中に、代表、コーチにたくさん怒られたりもしたけれど、
みんなの力が一つになって勝ち取った結果です。

声を出すことの重要さ、ひたむきにボールを追いかけることの重要さ、
絶対に勝つぞという執念、仲間を信じる気持ち
これらのことを今回の大会から学び取り、
もっともっと強いチームになろう!

次の大会では全員でメダルをもらおうね。


敢闘投手賞:ユウキ
敢闘選手賞:シュン



2010.7.3 浮間グラウンドA面
ベアーズ 0|0|1|2|0| |3
BT 0|0|4|3|×| |7

             :森久保

【低学年】浮間大会 準決勝 vs赤西ナイン

1回表の守備。
先発はユウキ。
この回3人で切り抜けます。(ユウキ・ナイスピッチング)

1回裏。
シュン、ヒョウゴがファーボールで出塁し、ミツルのレフトオーバー2塁打で
2点先行。タイキのピッチャーゴロの間に1点追加。
3-0

2回表。
ファーボール、ヒット、ファーボールでランナーを出すが、1点で切り抜ける。
3-1

2回裏。
ケントのセンター前ヒット、ナオキの内野安打とパスボールの間に2点追加。
ケント・ナイスヒット!
5-1

3回表。
3者連続ヒットの後に、エラーがからみ、この回5失点で逆転される。
5-6

3回裏
ユウキ、カズキのファーボールとケントのデットボールでツーアウト満塁のチャンス。
ナオキのレフト線2塁打で2点を入れ逆転。
シュンの内野安打でさらに1点追加。
ヒョウゴはファーボールで満塁のチャンス。
ここで、パスボールの間にナオキがホームに突っ込みタッチアウト。
この回、2アウトからの粘りで3点入れたが、ケントが高めのボールに手を出さずに、
つないだ価値ある出塁でした。
8-6

4回表。
ファーボール、ヒット、エラーがからみ4失点。
8-10

4回裏。
ミツルが左中間ヒットで出塁し、盗塁、パスボールの間に1点入るが、
その後の攻撃が続かずゲームセット。
9-10

先取点を取り、逆転につぐ逆転と一喜一憂する試合でしたが、
惜しくも負けてしまいました。

残念な結果ですが、ベンチからの声は良く出ていました。
また、1番打者シュンの3打席連続出塁、ミツルの2本の強打、
ケント、ナオキのヒットとブラックの粘りも見られました!

次の3位決定戦に向かって頑張ろう!!


2010.6.27 浮間グラウンドA面
赤西ナイン 0|1|5|4| |10
BT      3|2|3|1| |9
                       文責:秀

【低学年】浮間大会2回戦 vs桐ヶ丘キラーズ

1回表の守備。
先発はユウキ。
先頭打者をファーボールで出し、
内野エラー2つ、内野安打で3点のリードを許してしまいます。
0-3。

1回裏。
2アウトから粘ります。
ヒョウゴファーボール、ミツルセンター前ヒットで1点。
ミツルも盗塁で相手のエラーを誘い一気に生還。
2-3。

2回表。
デッドボールとまたしても内野エラーで3失点。
2-6。

3回裏。
1回と同様に2アウトから、
ヒョウゴ、ミツルが相手エラー、ユウキがファーボールで出塁。
いずれも生還し5-6。

ユウキは、3回、4回、5回をそれぞれ3人で仕留めます。
セカンド後方のフライをショートヒョウゴがキャッチする
ファインプレーもありました。

最終回の5回裏。
先頭シュンが、2球で2ストライクに追い込まれながら、
気迫で4球ファールで粘ります。
結局粘り勝ちしファーボールで出塁。同点のランナーが出ます。
盗塁、盗塁、パスボールで生還し、土壇場で同点に追いつきます。

続くヒョウゴが内野安打で出塁。
同じく盗塁、パスボールで生還し、逆転サヨナラ勝ちです!
7-6。

序盤内野エラーが多く6失点されてしまいましたが、
あきらめずに頑張ることができました。

リードされている状況でも声を出すことにより、
試合の流れを引き寄せることができました。
この感覚をしっかり覚え、これからに活かしましょう。

あと2勝すれば念願の優勝です。
やってみようではないか!


2010.6.20 浮間グラウンドA面
キラーズ 3|3|0|0|0| |6
BT  2|0|3|0|2×| |7×

             :森久保

【高学年】浮間大会 vs王五新生フェニックス

先攻の1回表、右中間へのヒットで出たリョウが2盗、3盗を決め、ユウダイのセカンドへの内野安打で先制点を取ります。その後、2回から6回までは無得点。

一方、守備では2回にツーアウト満塁のピンチを迎えますが、ピッチャーのタイガが次を三振に取り切り抜けます。
しかし、4回にエラーで1点、5回にはパスボールとエラーで3点、6回にも1点を与えてしまいました。

そして最終回の攻撃、ツーアウト2,3塁でリョウのセンターに抜けるヒットで2点を還しますが、そこまで。
くやしい敗戦でした。

2010.6.13 新浮間グランドA

ブラックタイガース   1|0|0|0|0|0|2| 3
王五新生フェニックス 0|0|0|1|3|1|х| 5
                                  :山崎

【低学年】志茂大会2回戦 vs東十条スワローズ

1回表の守備。
先発はユウキ。
ダブルヘッダーの影響が出てか、内野が精彩を欠き
3点のビハインド。0-3。

1回の裏。
ナオキ相手エラー、ヒョウゴファーボール、
タイキ相手エラーで2点を返します。
2-3。

3回表。
今度は外野が精彩を欠き、またしても3失点。
2-6。

3回の裏。
先頭ナオキがツーベース、シュン、ヒョウゴファーボール。
タイキフィルダーチョイス、ミツル、ユウキファーボールで5-6の1点差。
カズキがファーストゴロのフィルダーチョイスで6-6の同点に。
ノゾミのファーボールもあり、一挙6得点で8-6に逆転。

4回最終回の表。
替わったナオキが、難なく2アウトまで取ります。
しかし、ランナーを2、3塁に背負ったところで、
外野フライを落球。8-8の同点。
そのランナーが三盗したときに後逸し、逆転を許してしまい9-8。
結局この回、5失点で8-11。そのままゲームセット。

せっかく逆転し、勝利を目前にしながら逃してしまいました。
絶対に勝つぞ!絶対にボールを逃さないぞ!という強い思いをもって、
打球や送球が来たときには体で止めに行こう。


こういう残念な負け方をした直後ぐらいは、
みんなで悔しがってほしかったです。



2010.6.13 荒川少年グラウンドB面
東十条 3|0|3|5| |11
BT  2|0|6|0| |8

             :森久保

【低学年】浮間大会1回戦 vs諏訪クラブ

1回裏の攻撃。
ナオキファーボール、ヒョウゴ、タイキが相手エラーで出塁。
ミツルレフト前ヒット、ユウキ相手エラー。
計5点を先制です。

2回裏。
ナオキ、シュン、ヒョウゴ、タイキが相手エラー、
ユウキデッドボール、カズキ振り逃げなどで
5点を追加。10-0。

守っては、先発ナオキが3回を9人で仕留めて
コールドでゲームセット。

2回戦もこの調子で頑張ろう。



2010.6.13 浮間グラウンドA面
諏訪 0|0|0| |0
BT 5|5|×| |10

             :森久保